さがしかた その1



求人広告や求人誌を
見るポイントは?



駅近くじゃないと、夜はだめ、
時給は最低このくらいとか、
メモにリストアップし、ここだけは
譲れないという条件を元に
みていくという方法。



広告のデータだけでは
わからない場合は、実際に
お店などに足を運んでみる。
販売関係は、雰囲気も大事。
お客として入って、実感する
という方法。



かんたんに、時給がいいからという
理由だけで、決めないで、
給料に対する勤務時間や労働条件が
見合っているかという部分をきちんと
確認していくという方法。




求人広告や求人誌は、いいことだけを
前面に出しています。



まあ、高い広告費をかけて、少しの
スペースで募集をかけるので
仕方ないですが、いいとことだけには
つられないようにしたいものです。


| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »