たかが面接されど面接


やはり面接というのは、その人となり
をみる最大の関門です。



言ってはいけないその一言!


★「できません」



SEとしての経験がある人が
見積もりや経理関係の仕事が
できるか問われて「できません」
と言ってしまい、それでジ・エンド
でした。


「未経験の分野ですが、一生懸命勉強して、
早く戦力として活躍できるよう
に努力いたします。」などと答えて
いれば、展開は変わったかもしれません。


人事は、履歴書や職歴書などをみて
その人がどういう分野が得意なのかは
もうわかっているのです。

だから異分野のことを聞く意味は
できないことを補う努力はできるか
を問うているのです。


何もウソをついて「できます」と
言うのではなく、成長していくための
意欲が感じられればよいと思います。



★「○年後の年収は、いくらになりますか?」



いきなりこれでは、お金のためだけに入社を
希望している人間に見られます。


こういう話は、勤務形態や待遇などについて
相手からの説明があったあとにさりげな
く聞くのが無難です。

いくらとかでなく、どういう報酬のシステムに
なっているかを伺うのです。



★「会社に泊まりこみでも働きます」


営業は見た目も大事、元気と清潔感が大事で
すよ、と切り替えされたそうです。




★「将来的には独立したいのです」


それはこまると言われましたって(^^;)



ほかにも、前の会社の悪口をタラタラ言うのも
いいことではありません。

この会社でこういう仕事をしたい、という
前向きなことを言った方がまだいいですよ。


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »