蛭子能収さん


もちろん本業は漫画家です。


独特のキャラが楽しくて
バラエティや映画にも
出ていますね。



競艇好きでも有名です。



なんとこの方の漫画家
デビューはあの幻の
漫画誌「ガロ」だったんです。


もうそれだけで尊敬しちゃいます。



初めてのバイトは酒屋でした。


立ち飲みで一杯飲ませる
店で、オジサン連中に酒を
ついでいたそうです。


その次は、なんとバスの車掌!


女の人の深夜労働が規制されて
男子高校生・大学生を、募って
いたんですって、、、


知らなかったなあ。



シナリオライター目指して
上京するも、ぱっとせず
日雇いバイトで食いつないで
いたそうです。


測量や看板屋、ちりがみ交換の
仕事などをしました。


ちりがみ交換は、1日まじめに
やれば、当時で1万になったそうです。



その後はダスキンで働いて、漫画家では
食えないとあきらめ、社員になっちゃった
そうです。



アルバイトのこつは、本当に必要な額だけ
かせぐ、らしいですよ。





« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |